犬もオシャレを楽しみたい!愛犬の洋服の選び方

人間顔負けのファッショニスタ

近年は、ペットを家族の一員として迎え入れ、子どものように溺愛する人が増えています。可愛い洋服を着せてオシャレさせるなど、人間顔負けのファッショニスタとなっているワンちゃんもいます。そこで、犬の洋服の選び方と、洋服を着るメリットのある犬種をご紹介しましょう。

しっかり採寸してジャストサイズを選ぶ

まず、犬の洋服を選ぶ時は、首回り、胴回り、着丈の3つのサイズを測ります。首回りは首の付け根をぐるりと一周した長さ、胴回りは前足付け根の一番太い胴の部分を一周した長さ、着丈は首の付け根からしっぽの付け根の長さです。その数値をもとに、洋服のサイズを選ぶと間違いありません。小さすぎると動きにくく、大きすぎるとすぐに脱げてしまうため、ジャストサイズを選ぶことが大事です。

犬のストレスにならないデザイン

犬の洋服には、おしゃれ着、防寒着、マナー服など色々な種類があります。ただ、どんな洋服を着せるにしても、犬のストレスにならないデザインのものを選ぶことが大切です。嫌がる洋服を無理に着せることは禁物です。素材に関しても、できるだけ天然素材のものを選ぶなど、値段だけではなく犬の健康も考慮して選ぶようにしましょう。

防寒や抜け毛対策のための洋服

犬種によっては、洋服を着せることが推奨されている犬もあります。寒さに弱いチワワやヘアレスドッグは寒さを防ぐために、毛の抜けやすいゴールデンリトリバーやビーグル犬などは、家に抜け毛が舞い散らないように洋服を着せるのがおすすめです。また、足の短いダックスフントは、汚れやすいので散歩の時に洋服を着せると、お腹が汚れる心配もありません。

犬の服はペットショップで購入可能ですが、個人で作ることも可能です。生地のよい布やタオルがあれば、それらを服にすることができます。