新しい家族である犬を受け入れるときのポイント!

まず第一に飼いたい犬種に関して把握することが不可欠

犬を飼いたいと考える時、まず第一に飼いたい犬種に関してチェックすることが必要不可欠です。犬には多種多様なタイプがあります。充分な運動が要される仔のケースでは、仕事によって疲労して戻ってきた飼い主が散歩できないなら、犬にとっても不幸です。加えて毛が長くなってしまう犬種でしたら、数か月ごとにショップなどに於いてシャンプー及びトリミングの予算が要ります。非常によく吠える犬種をアパートで飼育するなら、初めに非常に厳しくしつけなかったら、苦情をもらうこともあります。

犬種により掛かりやすい病気があります

犬種によりましては掛かりやすい疾病が存在します。たとえば、キャバリアを飼いたいと考える人も多いですが、キャバリアに関しては心臓病になる率が高い犬種になります。7才程で患ったとして、終わりまで治療を受けさせられるかということが重要になります。別の犬種より早くお別れになる可能性があるなど、それなりの覚悟が要ります。キャバリアのみならず、犬種によりまして掛かりやすい病気がありますので、それをチェックすることも肝要になってきます。

購入する場合の注意点

犬種を決めた後は、何処から買い入れるかが重要になります。理想となりますと親犬が判っている場所といえます。同一の犬種においても性格、あるいは容姿において個体差が出ます。ブリーダーと相談可能なところからの入手が最適です。それに加えて、子犬に関しては少なくとも2か月は親元にいるべきと言われています。出生後3週間の仔犬をセールスする店舗は注意しましょう。親と過ごしきちんと社会性を会得した仔犬を迎えることが重要になります。

東京は地方から多くの人が集まるので、日本一の人口を誇っています。そのため地方よりも多くの人をターゲットにでき、子猫販売なら東京がオススメです。