機械式時計のお手入れはどうすればよい?部位ごとにお手入の仕方は変わる

一番目立つケースと風防を綺麗にしよう!

機械式時計で、まず最初にお手入れしておきたいのがケースと風防です。ケースというのは腕時計本体のこと。一番人の目に触れる部分なので、普段から綺麗にしておきたいですね。

ケース部分はメガネ拭きなどを使うことで綺麗にできます。この時注意したいのは、水拭きはしないということです。水拭きの方が汚れは落ちやすくなりますが、ケース内に水が入り込んでしまって、ムーブメントが錆びてしまう危険性があります。時計の中には生活防水のものもありますが、古くなるとパッキンが劣化して水に弱くなっていることもあるので、避けたほうが無難でしょう。

古い時計は風防にアクリルが使われていることもあり、細かな傷がつきやすいです。こういった傷を綺麗にするなら、歯磨き粉を使ったお手入れがおすすめです。歯磨き粉をつけて磨くと、細かな傷が綺麗にとれますよ。ガラス製の風防の場合、コーティングがしてあって磨けない場合もあるので注意してくださいね。

ベルト部分のお手入れは?

ベルト部分も汚れやすいですが、金属製のものと革製のものでお手入れ方法が変わります。

金属製のベルトは本体から取り外し、中性洗剤などで洗うと綺麗にできます。もし超音波洗浄器を持っているなら、それを使うとすごく綺麗になりますよ。

革製のベルトは基本的に革靴と同じようなお手入れをすれば大丈夫です。表面が乾燥してきたらクリームで保革してあげることも大切ですね。革製のベルトは汚れが落としにくいので、汚れがつかないように毎日同じベルトを使わないようにすることも大切です。

ウブロは1980年にスイスで創業された高級腕時計メーカーです。融合をコンセプトとして機能性を高め、デザインの面でも腕時計に斬新さと革新性をもたらしています。異素材をミックスしたビッグバンが有名です。