機械式時計のお手入れはどうすればよい?部位ごとにお手入の仕方は変わる

一番目立つケースと風防を綺麗にしよう!

機械式時計で、まず最初にお手入れしておきたいのがケースと風防です。ケースというのは腕時計本体のこと。一番人の目に触れる部分なので、普段から綺麗にしておきたいですね。

ケース部分はメガネ拭きなどを使うことで綺麗にできます。この時注意したいのは、水拭きはしないということです。水拭きの方が汚れは落ちやすくなりますが、ケース内に水が入り込んでしまって、ムーブメントが錆びてしまう危険性があります。時計の中には生活防水のものもありますが、古くなるとパッキンが劣化して水に弱くなっていることもあるので、避けたほうが無難でしょう。

古い時計は風防にアクリルが使われていることもあり、細かな傷がつきやすいです。こういった傷を綺麗にするなら、歯磨き粉を使ったお手入れがおすすめです。歯磨き粉をつけて磨くと、細かな傷が綺麗にとれますよ。ガラス製の風防の場合、コーティングがしてあって磨けない場合もあるので注意してくださいね。

ベルト部分のお手入れは?

ベルト部分も汚れやすいですが、金属製のものと革製のものでお手入れ方法が変わります。

金属製のベルトは本体から取り外し、中性洗剤などで洗うと綺麗にできます。もし超音波洗浄器を持っているなら、それを使うとすごく綺麗になりますよ。

革製のベルトは基本的に革靴と同じようなお手入れをすれば大丈夫です。表面が乾燥してきたらクリームで保革してあげることも大切ですね。革製のベルトは汚れが落としにくいので、汚れがつかないように毎日同じベルトを使わないようにすることも大切です。

ウブロは1980年にスイスで創業された高級腕時計メーカーです。融合をコンセプトとして機能性を高め、デザインの面でも腕時計に斬新さと革新性をもたらしています。異素材をミックスしたビッグバンが有名です。

Continue reading “Make me happy”

便利なキッチン雑貨で楽しく時短クッキングをしよう!

ピーラーの活用法を覚えておこう

じゃが芋や人参の皮を剥く時に便利なピーラー。キッチンにひとつ置いてあるという人も多いのではないでしょうか。実は、ピーラーは、皮を剥く以外にも色々活用できるスグレモノのキッチン雑貨です。特に、刃の部分が長めのピーラーは、キャベツの千切りや玉ねぎの薄切りといった野菜の下拵えをする時に活躍してくれます。包丁で切るよりも、均一な薄さで綺麗に仕上げることができるので、ぜひ試してみましょう。面倒な野菜の下拵えをさっと済ませることができれば、時短になり、より快適に調理ができるようになりますよ。

フォークやスプーンも便利!

食事の際に使うフォークやスプーンは、調理のシーンで活用することもできます。

下味や煮汁を食材にしっかり染み込ませたい時には、フォークで食材に穴を開けてみましょう。例えば、煮物を作るときに蒟蒻にフォークを刺して穴を開けておくと、煮汁が染み込みやすくなります。鶏肉や豚肉の下拵えをする際に、予め肉をフォークで刺しておくと、肉が柔らかくなり、また、下味もしっかり付くようになります。ほんのひと手間で仕上がりに大きく差が出てくるので、面倒くさがらずにひと手間を掛ける習慣をつけて下さいね。

スプーンは、生姜の皮をこそげる時に活用できます。スプーンの縁の部分を生姜にあてて、スプーンを少しずつ動かせば、いびつな形の生姜の皮むきも手軽にこなせるようになります。また、ゴーヤの種やワタを取り除く時にも、スプーンを使うと便利です。

身近にあるキッチン雑貨の活用の幅を広げてみましょう。

キッチン雑貨とは、普段使うキッチンツールの全般を指します。食器やカトラリーや調理器具、掃除用具などを含む総称です。機能性を重視したりブランドを重視したりと様々なツールを選ぶことが出来ます。

Continue reading “Make me happy”